SUNRISE Music Publishing

ブログ

2018年5月11日

春の夜のピアノの調べ

ゴールデンウィークも終わり、気づけば5月も半ば。
暑かったり寒かったり天気が不安定だったりですが・・皆さん体調にはお気をつけください!

さて、去る4月26日。
銀座はヤマハホールにて「『コードギアス 反逆のルルーシュ』ピアノソロコンサート」が開催されました。

IMG_4424.JPG
「コードギアス 反逆のルルーシュ」「コードギアス 反逆のルルーシュR2」のテーマ曲や劇伴を
ピアノアレンジした楽譜集とCDが3月に発売され、今回はその記念イベント。
H1+Obi+Sticker.jpg
コードギアス 反逆のルルーシュ ピアノソロコレクション(CD)
2018年3月28日発売/2,800円(税込)
(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

OPやED、そして劇中の印象的な楽曲達がピアノソロのアレンジで見事に新たな生命を吹き込まれていました。
演奏はCDのレコーディングから引き続き、ピアニート公爵氏が担当。
CDと同じく「COLORS」(オリジナル:FLOW)で幕を開けたコンサートは
激しい曲、優しい曲を織り交ぜながら、それはまるでコードギアスの物語を辿る旅。
時折、印象的なシーンを切り取った場面画像がステージのバックに映し出され
来場してくださった皆さんも独特の世界に引き込まれているようでした。

また、演奏の間に登壇した谷口悟朗監督とピアノアレンジを担当されたタカノユウヤ氏、
ゲストお二人を交えたトークもとても興味深い内容で
アニメ劇伴制作当時のエピソードや今回のピアノアレンジのポイントなどを話して頂きました。
タカノユウヤさんは「アレンジした自分自身でも演奏できないほど難易度の高い楽譜になってしまった」と語っていましたが
ピアニート公爵氏の演奏力、表現力は確かに圧倒的。
あれほど細やかな指づかいに集中してピアノの調べを聴き続けたのは、私は初めてかもしれません。

10年前に発表された楽曲達がアニメ作品と共に皆さんの心の中で生き続けていて、
時を経て別アレンジの音源やその楽譜でよみがえり、
そしてまたアニメ作品の新たな一部として心に刻まれていく・・
今回の楽譜出版・CDリリース・コンサートの連動企画は
まさに、本来の「音楽出版」の意味さえ教えてくれるような、そんなプロジェクトでした。

ヤマハグループ各社の皆様、
そして惜しみない「ギアス愛」を注いでくださった担当のY様、E様、ありがとうございました!


コードギアス劇場3部作もいよいよ佳境です。
「コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道」は5月26日公開。
L-GEASS3_KEY_fixw_640_hq.jpg

楽譜集「ピアノソロ『コードギアス 反逆のルルーシュ 劇場3部作』ピアノ・セレクション」も
6月9日に発売され、新曲の主題歌達も収載されます!

ピアノソロ『コードギアス 反逆のルルーシュ 劇場3部作』ピアノ・セレクション
2018年6月9日発売/1,800円(税抜)
(ヤマハミュージックメディア)
< 収載曲 >
【 I 興道 】
●COLORS(オリジナル:FLOW)
●赤だけが足りない(オリジナル:Iris)
【 II 叛道 】
●勇侠青春謳(オリジナル:ALI PROJECT)
●The Moon(オリジナル:藤原さくら)
●今はここに(オリジナル:相坂優歌)
【 III 皇道 】
●WORLD END(オリジナル:FLOW)
●NE:ONE(オリジナル:Survive Said The Prophet)
●螺旋のピース(オリジナル:Rayflower)