SUNRISE Music Publishing

ブログ

2016年10月14日

クラシックをアレンジした作品の権利はどうなるんですか?

こんにちは。きよみずです。

ちょっと前に「10月なのに30℃超え!?暑っ!」と言っていたのに
なんですかこの寒さは...。
秋どこいった!?!?
怒りをおさえてマフラーとホッカイロを召喚し業務を遂行しております。

さて、今回はまたまた著作権の話です!
しかも普段からよく耳にする、有名なクラシック楽曲にまつわるお話です!

みなさま、ご存知かとは思いますが
著作権には一定の保護期間があります。

日本では作家の死後50年で著作権保護期間が終了し
誰もが自由に使ってOK!な
『パブリックドメイン』となります。
musician.png

pop_chuui.png
※ここでポイントなのは【著作権】の保護期間と、
それをレコードやCDに焼付けた【原盤】の権利の保護期間は別のものです!
ご注意くださいね!
「著作権」と「原盤」ってなんですか?!
study_wakaranai_girl.png
(何度でも貼ります、過去のブログ)

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)によって著作権保護期間が50年から70年になるという話題もありますので、興味がある方はぜひ調べてみてください!(ここではさくっと割愛します☆)


『パブリックドメイン』の話に戻ります!

2003年に平原綾香さんの「Jupiter」が大ヒットしました!まだ記憶に新しいのですが13年も前とは...!
space06_jupitor.png
いらすとやさんには「木星」のイラストもありました、すごい)

この「Jupiter」は、ホルスト作曲の「組曲"惑星"から"木星"」を原曲とした作品となっています。
ホルストは1934年没なので、著作権保護期間は1984年をもって終了しています。
そのため「組曲"惑星"から"木星"」はパブリックドメインとなっています。

では平原綾香さんの歌った「Jupiter」の著作権はどうなっているのでしょうか??
作詞・作曲の権利はどうなっているのでしょうか!?
school_class_woman.png
ここで『編曲審査』というJASRACの制度が登場します!
■出典:JASRAC公式サイト>作品に関するご案内
http://www.jasrac.or.jp/contract/member/composition/

イチから新しい曲を作ることはもちろん創作ですが、
既存の曲を新たに編曲することも作家にとっては大変な創作です。
その新たな編曲を、編曲者の権利として認めよう!

これがJASRACの編曲審査です。

「Jupiter」は
作詞:吉元 由美
作曲:G.HOLST(ホルスト)
編曲:坂本 昌之
となっています。
↓↓出典↓↓
JASRACが提供する作品データベースの表示はこちらをご覧ください!

ホルストの欄は\消滅/ \PD/ \PD/ \PD/ \PD/... の連続です!(PD...パブリックドメインのこと)
そして、作詞・編曲の欄には \全信託/ の文字。そうです。
JASRACが権利者から委託されて権利を管理しているということです!

こうして、私たちが聞く「Jupiter」の権利は管理されています。

結論:パブリックドメインのクラシック曲もアレンジが編曲審査を通れば
新たな著作権を保有する作品となります!
ブログのタイトルにはこれで結論出せました。やったー!
business_group_happy.png

「Jupiter」をきっかけに原曲「組曲"惑星"から"木星"」を知った、聴いたという方も少なくないと思います。
編曲にはオリジナル作品の素晴らしさや敬意が反映され。
原曲には編曲されても決してブレない原曲らしい力強さがあり。

新たなアレンジは、音楽に触れるきっかけを増やしてくれる、どこでもドアのような存在だと思います!
今まで聞いてなかったクラシックなど、距離のあった楽曲との距離をぎゅっと縮めてくれます。
長く愛される作品は愛される理由があるんだなあと、新たな発見も多々あります。
music_ongaku_kansyou.png
アレンジ曲が気になったら、原曲を聴いてみるのもオススメでございます!

さて!!!

有名クラシックをアレンジすると話題になっている作品といえば!!!!!

アニメ「クラシカロイド」です!!!!!!!!!!(本題です!!!!!)
Classica_KEY_CMYK_160905.png

豪華な顔ぶれの"ムジークプロデューサー"陣に
長く愛されるクラシックの楽曲を個性的なアレンジにしていただいております!

まだ一部の曲しか公開されていませんが、ムジークが気になったら、ぜひ原曲も聴いていただきたいものばかりです。

メロディ、伴奏、リズム、テンポ、オーケストレーション...今は亡き作曲家たちがこめた想い、
そこに耳を傾け、原曲のどのフレーズやモチーフをどうアレンジするか、
そうしてムジークプロデューサーたちが新たな作品として創作したものを
全身で受け止めていただければ幸いです!!!

12月21日(水)には超豪華コンピレーションアルバム
『クラシカロイド MUSIK Collection Vol.1』を発売します!

まだ収録曲の全貌が明かせないのですが
アニメ「クラシカロイド」の放送をご覧になってお待ちください♪
<<クラシカロイド公式サイト>>

ではまた!
きよみずでしたー!!!