SUNRISE Music Publishing

ブログ

2016年1月08日

2016年創り初め

庶務長です。
今年1発目も、2発目も庶務長です。

年始早々やまに言い渡された罰ルーティンです。
一年の計は年初め(元旦?)にあり、と申しますが、
2016年もこういう感じで行くのか・・・と心配で仕方がないです。


そんなズボラな庶務長ですが、ここ10年来続いている「年初め」があります。

それはハンドメイド初め。

何かを「作る」ということは、仕事でもありますが、
毎年裁縫だけは年末年始に集中することが多くなりました。

流石に洋服を一着作る時間はないのですが、
アクセサリーや洋服の修繕、ポーチにバッグといった、こまごまとしたものを
毎年家にある余り布や年季の入ったファスナー、残ったビーズなどを使って作っております。

やはり、年末年始も忙殺される日々ですが、多少の時間が取れるからでしょうか。
毎年「作り初め」の行事になってしまいます。

今年はこれです。

3397983_2193473879_133large.jpg
じゃん。


某練習用のバッグが外側が捲れてクタクタになってしまったので、あわてて作成。

いつものように家にあった布やら紐やらで作ったのですが、
本を入れる耐久性がないような気配が作った段階から漂っています。

果たして一年耐えられるのか。
若干の心配ではあります。


「うわ、難しそう」
と思う無かれ。
実際やってみると驚くほど簡単です。
しかも、自分で作っているので構造が分かっている。
故に壊れても修繕が楽。

しかも、最近の安売りのバッグよりお値段も安くて良質。

ミシンがない方でも、大丈夫。
最近は布用接着剤が発達したので、切って付けるだけ。
(流石に今回はミシンをかけましたが)


作業時間。2時間半。

私ははっきりいって不器用です。
何年経っても器用、には程遠い手をしています。
なので、人の倍の時間がかかります。

でも、そんな人間の手が時間をかければいろいろなものが出来るものなのです。
人間の可能性って実は「手」に宿っていると信じるわけで。

また、「自分で作る」精神は、物に対する、人に対する思いやり、感謝の気持ち、大切に思う気持ちを思い出させてくれます。

これって人間が忘れちゃいけないだよなあ、と
毎年作りながら感じることです。

とりあえず、
今年一年このバッグを見ながら謙虚に過ごしたいと思います。


重いものを入れても、
来年の年始まで保ってくれ~と願いながら・・・