SUNRISE Music Publishing

ブログ

2015年5月08日

パスタと戦え

庶務長です。
毎年、この時期一瞬暑くなりますね。
(まだ、この「暑」の字が使える季節です)

これから梅雨に入り、また寒くなって・・・

季節の変わり目とは言え、なかなか体調管理が難しい時でもありますね。
みなさま、風邪ひいてませんか??


さて、ネタに困ると出てくる天上天下唯我独尊の我が母上。

年齢も重ねてくるとさすがにあちこちと体調を壊してきます。
そんな中でも絶対忘れない習慣があるのです。

それは新聞のクロスワードパズル。
週一回の掲載ですが、風邪を引いても、腰にコルセットを巻いて椅子に座れなくても寝床の中ででも、広辞苑を傍らに置いて必ず挑戦する週末の一コマ。


その中にこんな一文が。


「イタリアの春巻風?パスタ」のヒント。
四文字の空欄。


答えは「カネロニ」

母はこのパスタを知らなかった。
「どんなのか知りたい、どんな風に食べるのか知りたい!」

とワメクこと一騒動。

大体パスタなんて同じ小麦から作られて、形によって名称が違うだけだから、マカロニの大将だと思えばよいよ、と言っても納得しない。

結果、私がカネロニを購入してくることになった次第。

最近はどこのスーパーでも、カッペリーニやタッリアテッレ、フジッリ、ニョッキなんかも普通に置いてある。
だから、カネロニも苦労しないで見つけられるだろう・・・と高を括っていたら・・・大手スーパーにも影も形もござらんのです。

たまたま都心に出た際、同行してたクロロにアドバイスをもらい、
とうとう東京の百貨店や高級スーパーへ。

ところが。
いろいろ探しまわってもなかなか見つけられないカネロニ。
イタリア直輸入の高級パスタは山ほど並んでいたのに。

某大手の百貨店のイタリア食材専門店で尋ねてみた。
「こちらでカネロニ扱ってますか?」


「え?カネロニって名前の野菜ですか?」
と返答。


おいおい、専門店でその回答は落第点だよ。
と突っ込みながらも、そんなに日本ではカネロニが定着していないことに驚き。

後でネットで調べてみたら、カネロニ料理って、ラザニアで代用していることが多く、そりゃあわざわざカネロニを買わなくてもいいなあ、と納得したのですが。


新宿の某高級スーパーでようやく発見。

これ!
1940058873_248.jpg
カネロニのパッケージ。ご存知ですか?


見つけた時には、長らく会えなかった恋人と再会した感覚に陥りましたヨ。

退勤ラッシュでつぶれないよう最新の注意を払って帰宅。
ようやくカネロニとご対面となった母。

「じゃあ、これ作んなきゃ!」
と週末に自分が作る気満々。

忘れていました。
あの方、食べたことのないものをフリーダムに作るの大好きなんだなあ。


私には絶対手を出させないので、基本的には理科室の実験と同意義になるのです。
基本、毒見は私の役目なのです・・・

が。
今回、腰が悪いため、庶務長自ら作成いたしました。
お陰で食べられるものが出来たのであります。


中に詰め物をしたカネロニ。
制作途中です。
2015050419380000.jpg

これが、カネロニのトマトソースのせ。

2015050420010000.jpg


食べてみて、やっと知らないものを知った喜びに溢れる母なのでありました。
よかったよかった、とほっとしたのもつかの間。

クロスワードに出てきたパスタ。


「クスクス」


・・・絶対買ってこないぞ。


クロスワードの作者にお願いです。

不用意に新しい燃料を投下しないでください。
今時の年配者は好奇心に渦巻いているのですから!