SUNRISE Music Publishing

ブログ

2014年2月28日

今春・社内天気予報

庶務長です。
先週、ブログ担当を失念していたら、
本日、やまに念を押されてしまいました。すみません。

でも、私何故か、担当である某作品がひと段落したというのに、
何故かいろいろテンコ盛りな空模様。
そして、周りを見渡しても、みんなバタバタと大変そう。


というわけで。


この冬から春にかけての社内の天気予想図デス。

某B-Hからの書類打診の嵐により、社内は決算に向けて全体的に荒れ模様となるでしょう。
特にタマりんの上空には高圧な乱気流が断続的に発生しそうです。


そして、某A-Kの断続した原盤制作の雨雲が偏西風の影響で、疲労蓄積と書類蓄積の霧雨がクロロの前に停滞するでしょう。

また、G-35の低気圧の影響を受けた滑降風フェーンが、体温上昇の温暖化を発生させ、やまの目肩腰付近に血行不良のスモッグが発生するでしょう。


晴天であっても、急激に発達した「トリプルコーク1620」現象の影響で超低層雷放電と電磁波バーストが全員を襲うかもしれません。

来年度も課題山積です。
我々もコツコツと頑張りますので、皆様どうぞよろしくお願いします。

何卒お手柔らかに。