SUNRISE Music Publishing

ブログ

2014年2月14日

デザイン・ザ・ミュージック (2)

先週の大雪に続き、この週末も大雪の予報。
未明から降り始めた雪が、すでに都心でも積もり始めています。
今日は早めに帰られるように・・・したいですね。

さて、前回のブログのつづきを。
NY出張のお話です。

【2日目】
いよいよ、マスタリング作業の初日です。
時差呆けのせいか眠りは浅かったのですが、意外とスッキリと目覚めると
"軽い"朝食を求めてホテルの近くにあったデリへ。

コーヒーとホットサンドをテイクアウトで頼み、でき上がるまでサラダも物色することに。
しかし、どれもなかなかのボリューム。
日本だと「ファミリーサイズ」と言ってもいいくらいのものしか無く、
ホテルの部屋に冷蔵庫もなかったので、サラダはあきらめることにしました。

サラダの売場を離れ、レジでお金を払おうとすると
レジ係の女性がサラダを物色する私の姿を確認していたのか
「他に何か探しているのでは?」と聞かれたので
「小さいサイズのサラダが欲しい」と答えると
「OK!」と言われ、こっちへ来いというサイン。

「なんだ、小さいのもあるんだなぁ」と思ってついていくと
「ほら、ここにあるわよ」的な感じで示されたのはさっきの「ファミリーサイズ」のやつ・・・。

わざわざ案内してもらいながら申し訳ないなぁ、と思いながらもさすがに食べきれないので
「私にはちょっと大きすぎるから・・」と伝えると
"ふん、小さいオトコね"といった感じで眉を下げられるのでした。


さて気を取り直して。
朝食を済ませてホテルを出るとレコード会社プロデューサーの方と待ち合わせをし、
マスタリング作業が行われるスタジオへ向かいました。

場所はハドソン川近くで、マンハッタンの中心部とはまた雰囲気が違います。
近隣には倉庫のようなものがいくつかあったりして、
まさに「ウエストサイド」といった感じ。

年季の入った味のある雑居ビルの5階。
エレベーターを降りると、見たことのあるロゴマークが。
2013-12-05 10.38.54.jpg

かつて、世界的に最も有名なマスタリングエンジニアの一人であるボブ・ラディック氏が在籍し、
現在はオーナーでもあるスコット・ハルさんを中心に名作を産み続けている
マスターディスク」です。

ホームページへ飛んでみてください。
クイーン、U2、ニルヴァーナ、オアシス、レッチリ・・
きっと見たことのあるジャケットがあるはずです。
日本でも聴かれる、特にロック系の多くの名盤がここでマスタリングされているのです!


入口の横にはジョン・メイヤーの「Room for Squares」が・・。
私、愛聴しておりました!!
2013-12-05 10.38.32.jpg

中へ通されると、スタッフの方にコーヒーを出していただきました。
私、多少緊張していたのですが
スタッフの方やロビーの雰囲気が意外にもアットホームで、何だかホッとしました。

しばらくすると、今回マスタリングをお願いしている
スコット・ハルさんが到着しました。

あ、、またしても時間切れ・・続きはまた次回!
(引っ張るなぁ。。)

<つづく>