SUNRISE Music Publishing

ブログ

2014年1月17日

デザイン・ザ・ミュージック (1)

あけましておめでとうございます、クロロです。
本年もよろしくお願い申し上げます!

例年は、年末ギリギリまで制作の現場等があったりするのですが
この年末年始は意外にもゆっくりと過ごすことができました。
結果、色々と食べ過ぎてしまいましたが・・。

さて今日は、昨年の話になってしまいますが
12月の海外出張のレポート(その1)などを書いてみたいと思います。


弊社関連原盤が収録されるアルバムのマスタリングを
近々ニューヨークで行うという話を聞いたのは昨年10月末。
レコード会社プロデューサーの方から、同行しない?とお誘い頂いたのでした。

私も以前から海外マスタリングには興味があったものの
当然ながら、なかなかそのような機会はありませんでした。

マスタリングなんて海外でやらなくても良いという人もいて、
それも考え方のひとつなのかもしれないのですが・・
実際に経験した上で自分で判断したい、と常々思っていたところだったので
「このチャンスを逃すと次はいつになるのか・・!?」
と考え、早速ボスにも相談し、ニューヨークマスタリング出張の許しを貰うことができたのでした。


【1日目】
ニューヨーク滞在自体が初めての私。
午前10:00頃JFK空港へ到着し、コーディネーターの方と合流。
(実は入国審査場で屈強な保安官に別室へ連れて行かれるというハプニングもあったのですが・・
 結局特に問題はありませんでした。あれは一体なんだったんだろ??)
マンハッタンへ移動して全体的な打ち合わせをしたあと、宿泊ホテルへチェックインしました。

この日は夜まで自由な時間があるとのこと。
時刻はまだ14:00頃だったので
荷物の整理を終えると、ひとり散策をすることにしました。

3泊の滞在期間で2アイテムのマスタリング作業という
"弾丸出張"のため、観光的な時間が持てるのはこの一瞬だけ。
飛行機の中で練った計画通り、セントラルパーク方面へ向かいました。

完全にお上りさん状態ですが・・
命日が近かったこともあり、ジョンレノンが凶弾に倒れた場所「ダコタハウス」へ。
そのあとはセントラルパークの「ストロベリーフィールズ」を訪れました。
2013-12-04 13.02.35.jpg

記念碑の前に若いストリートミュージシャンがいたのですが、
歌っている曲は・・明らかにジョンの曲じゃない。。
なんとなく悲しい気持ちになって、セントラルパークをあとにしたのでした。


地下鉄のホームではバカテクのギタリストが(フライングVで)
リズムマシーンに合わせながらエンドレスで演奏していました。
2013-12-04 13.26.49.jpg
スカウトしたくなるくらい、めっちゃ上手かった・・!

駅のコンコースでジャズバンドが本気の演奏をしていたり、
電車の中では4人組のコーラスグループがアカペラで歌っていたりと・・
あらゆる場所で"上質"な音楽に触れることができるニューヨークって、やっぱりすごいですね。


あ、そろそろ時間になってしまったので続きはまた次回!
<つづく>