SUNRISE Music Publishing

ブログ

2013年12月06日

失敗から得る知識

タマです。
今年も残す所一ヶ月足らず・・・  
1年はアッと言う間に過ぎて行く気がします...

突然ですが、銀行のATMは大人の皆さんは、活用されているかと思います。
ATMには紙幣と硬貨を取り出すところに分かれているのはご存知でしょうか。
一番活用するのは、紙幣引き出しかと思います。

この数日、ATMで硬貨を入れたり出したりしたことがある方を探してみました。
振込であるかと思ったのですが、キャッシュカードから振込という手があるので
実際のところ、硬貨用取出し口の使用頻度はあまりないようでした。

そこで、問題(笑)

『ATMの紙幣を入れるとこに硬貨を誤って入れてしまいました。
 さて、どうなるでしょうか』

一番多かった答えが『エラーになる』でした。
その次が、『硬貨として計算される』でした。

さてさて、実際はどうでしょうか。


実は先月、わたくし、やらかしていました。
封筒に入っている数千円と小銭を入金しようとATMの紙幣口へ
封筒をひっくり返し、まとめて投入。
あ、とすぐ手で押えようとしても遅し。
小銭は全て、紙幣口へジャラジャラ~と音とともに消え、紙幣だけ残った状態に。
蓋もしまりません。

頭に浮かんだのは
「壊してしまった。詰まらせてしまった。はてはて。。。」

しょうがないので行員さんを呼んで、ご報告。

行員さん、下の方をのぞき込み、

「ここ、出てます。出てます(笑)」


ATMの下のところに小さな、まるで、ガシャポンが出てくるような。
ここに全てありました。


と、正解は

「下の返却口から戻ってくる」
131206ATM.jpg

でした!

やってしまう人、いるんですね。考えられてます。細やかなATM設計に関心しました。
皆様、万が一、誤って紙幣用のトコに硬貨を入れてしまったら、
焦らず、まずは返却口ですね。。

とは言っても、行員さんのヘルプが必要だったり
メンテナンス作業が終るまでそのATMは使用不能になることもあるそうなので
お気を付け下さい。

(そんな失敗はしない方ばかりだと思いますので、本日のブログは読み捨て下さい ^^;)