SUNRISE Music Publishing

ブログ

2013年11月15日

不思議な再会

本当に2週連続でBlogを書いております、クロロです。

今週から、一気に秋らしい気候になりましたね。
みなさん体調管理にはお気を付け下さい。
実は私、この記事が公開される頃はボスと共に西の方に出張しております。
東京よりもかなり寒そうなので、風邪を引かないように気を付けます!

さて唐突ですが、「思いがけない人との再会」って
みなさんも経験があるかと思います。

私の最近の印象的な再会は、
なんと言ってもangelaのお二人とのそれでした!
詳しくはこちら

そんな私にまた一つ、不思議な再会が・・。

少し前のある日、会社の会議室で庶務長が取引先の方と打ち合わせをしていました。
私は参加していなかったのですが、打ち合わせを終え、お客様を送り出した庶務長が私のデスクへ来て、

庶「岡山出身だったら、この方の名字読める?」

と、先程まで打ち合せをしていた方の名刺を見せられました。
確かに、知らない人には絶対に読めないような名字なのですが、

黒「え・・?あ、読めます!○○○さん!?」
庶「ホントだ、読めるんだね!この方岡山出身で、この姓は岡山くらいにしかいないんだって」
黒「あれ・・?その方・・。下の名前にもなんだか見覚えが・・」

ふと、私の頭をよぎった、体格の良い男性・・。

黒「そうだ、この方は同じ中学の人だ!!」

最初は同級生だったような気がしたのですが、よくよく思い出してみると・・
一つ上の先輩で、野球部のキャプテンをしていて、生徒会長をしていた方。
一つくらい学年が違っていても、記憶に残っているはずです。

といっても、実は私も同じ野球部。
同学年の生徒会長が親友だったこともあり、○○○さんとは何度も話をしたことがあったので
もしかしたら私のことも憶えてくれているかも・・?

そう思い、庶務長経由で
次回打合せで来社の際は私も顔を出します、と伝えてもらいました。


そして数週間後、再び庶務長との打合せで来社された○○○さん。
私はちょっとドキドキしながら会議室へお邪魔することに。

ドアを開けると、記憶に残る体格の良い男性が笑顔で迎えてくれました。

黒「○○○さん!私のこと憶えてくださっていますか?」
○○○さん「憶えてますよ!・・ちょっと軟派な感じだったよね!」
黒「いやぁ、それは・・・」

そんな感じで無事、再会を果たしたのでした。
地方の同じ中学へ通っていた者同士が、それぞれの道を経て上井草の地で再会するとは・・やはり驚きです。


あ、クロロは高校時代から硬派になったのです。
誤解なきよう・・。