SUNRISE Music Publishing

ブログ

2013年2月01日

逃げる如月

庶務長です。
エルニーニョさんが撤退してしまったので、今年はエラく寒いですね。

にも拘わらずクロロの鼻に花粉の到来が告げられた模様。
今年が始まったと思ったのに、もう一気に春の気配が漂っているようです。

それにしても。
花粉症で季節を知るってちょっとイヤかも。

とりあえず鼻に不安のある方々。
今から予防線を張ってくださいね。

さて、今回は友人とのエピソードをば。

地元のとある店の前で、いきなり声をかけられました。

声の主は高校一年生以来の友人M。

何年かに一度は仲の良かった面々と一緒に逢ってはいるものの、2人だけ、というのはなんと高校以来。


後の予定もなかったので、一緒に食事をして4,5時間語り合った。

実は、仲はとてもいいのだが、用事がなければ連絡も取り合わず、年賀状も交わしていないほどお互いが面倒くさがりな女たちである。

女性は特に何かとこまごまと気を使ったり、メールで御礼申し上げたり...
先日も、長い付き合いの友人からすれ違いの勘違いな連絡が来たりして、そういう要求の対応にも私も常に四苦八苦する女性の友同士の礼儀作法。

それはママ友、同僚、学生時代の友人、取引先のお相手、ご近所つきあい、すべてにおいて女性はこの礼儀を必須だと思っておられる。


何せ生来の面倒くさがりな私は、仕事としてやるには何とかそういう瑣末なことは一応こなしますが、プライベートでは自分には向いていない行為だな、と思っていた今日この頃。


まったく同じ主旨のことをMに言われ、大いに頷いた。


長年逢ってもいなかったのに、あっという間に高校時代にタイムスリップして話せる不思議。

そして、お互い「御礼メール」も「楽しかったメール」も返さないし返ってこない後腐れなさ(笑)


なんて素敵で面白い関係なんだろう...

という話を某同僚にしたら一言。


「庶務長さん、それは男同士の友情のカタチです」


!!......そ、そうなんですね。

若干目から鱗となりました。

そんな友人ばかりが周りにいるので、基本的に気がつかないが、これはこれで幸せということにしとこう。

というわけで皆様、いつまで経っても不調法ですみません。
庶務長は「漢」と書いて「おとこ」と読むとでも思ってやってくださいませ。

そして。
とりあえずMちゃん、またどこかで逢おう!