SUNRISE Music Publishing

ブログ

2012年12月28日

初めてのた・い・け・ん♪~ふたたび

庶務長です。
クロロがノロになった模様。
納会でのル~ビ~が楽しみだったのにね、残念。

そんなことを言う私も先週末から酷い喉鼻風邪を引きこんでしまい、
みんなにうつしてしまいそうな勢いでぐしゅんぐしゅんと連発しております。

みなさまも年末年始は体調に充分お気をつけくださいませね。

さて、今年も押し迫ってまいりましたが、久しぶりの「初めて」話をば。

年を重ねてくると、「はじめて」が俄然減ってくるのは当然のこと。

その分、ドキドキも減ってくるのも致し方が無いのです。


「初々しいドキドキがしたいわ~」

と無責任に思う反面、「はじめて」をすることを久しく忘れた人間にとって、「ドキドキ」がやってくるといつもの倍は緊張を強いられるものです。


というわけで、その「ドキドキ」の体験!
昨日、なんと初レコーディングをしてしまいました!!!


...と言っても、仮歌、と呼ばれる本当の歌手の方が歌うガイドラインを作成する歌手として。


レコーディングブースで一人必死に力を振り絞って、歌う。
金魚鉢の向こうでは、音声が届かないものの、Nプロデューサーとクロロ・プロデューサーが何かこそこそ話し合っている。


何しゃべってんだろう...
これ、使い物にならない、とか言っているんじゃないだろうか...


そんな不安ばかり煽られる時間の長いこと!


しかも喉風邪をひいて、酷い状態でのレコーディング。
すみません、という気持ちが強く、ナリはデカくとも心は小さくなるばかり。


なんのかんのありましたが、なんとか3時間で終了。
綺麗に声を均していただき、無事に仮歌を完成させることが出来ました。


Nプロデューサー様、本当にご迷惑をおかけしました。


迷惑料といっては何ですが、私がN氏のヘッドマッサージをして、肩と耳のメンテナンスを施しました。後で揉み返しが来ないことを切に祈ります。

今年を振り返るとは何気に仕事関係の「初めて」が多かった気がします。

初めてのディレクション。
初めての舞台音楽制作。(初めての集合日、というべきか/笑)
初めてのラジオ出演。
初めての合の手差し込み。

そして、初めての歌録音。

...やってみてわかるのは、何にでも「プロフェッショナル」という人がいて、その方々の有難さ!
そして、その「プロ」が数百人単位で一つの作品が作られる、ということの奇跡のような出来事が存在するということ!


本当に体験させてもらって初めて理解できる、ということは自分の想像力の欠如でしかない、という結果なのですが、本当に感謝感謝です。

ただ、初心に帰らせてもらうのは、増長しやすい人間にとってはありがたい経験で。

でも。
来年は、もう少し「ドキドキ」を少なめでお願いシマス。


皆様、来年もよろしくお願い申し上げます!!
よいお年をお迎えください!