SUNRISE Music Publishing

ブログ

2012年2月03日

その眼鏡は、本物でした。

寒い!!
今年の冬はとにかく寒いですね。。

先日、散々悩んだ末ついに禁断(?)のヒート○ックのタイツを
購入してしまったクロロです。
はい、もうこれがない生活には戻れません。

ヒート○ック未体験の男子諸君、さあ、プライドは捨てたまえ(笑)

さて。
皆さんは、テレビ等で活躍している「有名人」に
初めて会った(見かけた)時の事を憶えていますか?

私は、夏も冬もなく半ズボンをはいて遊んでいた小学校低学年の頃、
地元岡山で「有名人」に会える(見られる)チャンスがありました。


その日は日曜日だったでしょうか、クラスメイトのコヤマ君と
近所で遊んでいた昼下がりのこと。
突然、私たちが遊んでいた空き地までコヤマ君の母親が急ぎ足でやってきて、
これから車で一緒に出かけようと言うのです。

目的地は、市の南部にある児島湾に接する港付近。
なんと、当時絶大な人気を誇っていたテレビドラマ「西部警察」の撮影が
そこで行われると言うではありませんか。

私たちも「それは見に行かないと!!」
ということで、急いでコヤマ家の車に乗って出かけることに。
(車種は確か日産サニー)


当時の私の頭の中では「テレビに映るもの」と「実在するもの」の関係がまだ曖昧で
「ボス」も「大門団長」も実際に存在する人物なのかどうか、
よく理解できていなかった様に思います。

でも、ボスなのか裕次郎さんなのか、大門団長なのか渡さんなのか、
そんな事はどうでもよくて、「ただ一目見てみたい」という衝動だけがありました。


普段は無口な印象のコヤマ君の母親でしたが、
南方面へ向かう車内では、しきりに「ゆうちゃん!ゆうちゃん!!」と叫んでいて
私たち子供は、盛り上がるというよりちょっと怖くなっていたような気さえします。

車が市街地を通り過ぎ、港へ続く産業道路へ入った頃。
気づけば、サニーはとんでもない渋滞にはまっていたのです。

どこから聞きつけたのか、明らかに大門軍団を一目見ようという人々によって発生した大渋滞。
(ちなみに、コヤマ君の母親もどこから聞きつけたのかは不明)
ノロノロながら進んでいた流れも、ついには動かなくなってしまいました。


車が動かなくなって何分経ったでしょうか。
記憶が誇張されているのかも知れませんが、1~2時間くらいストップしていたような気がします。

ふと前方、かなり遠くの方にいくつかの煙が立ち上っているのが見えました。
どうやら煙は、撮影場所であるはずの港あたりから上がっているようでした。
道路では、動かない車から降りて様子をうかがっている男性もいました。


爆破シーンがウリの「西部警察」。
遠方に見えている煙は、クライマックスシーンの爆破によるもので
それはつまり、撮影が終了したことを意味するのです。

車内のテンションの落ち具合は、半端ではありませんでした。
コヤマ君の母親はいつもの感じに戻っていました。

その後車は動き始め、なんとか撮影場所らしき付近を通過したのですが
当然大門軍団の姿は無く、確認できたのは焼け焦げた残骸だけでした。


それから数カ月後、ついに「西部警察」岡山ロケの回が放映されました。
地元の風景の中で戦う大門軍団の姿に興奮しましたが
港のシーンでは、ボスの姿はありませんでした。

今思うと、コヤマ君の母親は撮影時間内に辿り着けなくて良かったのかもしれません・・・。


さて、私が初めて「有名人」に会ったのはそれから数年後。
地元のマラソン大会へゲストで来ていた、ケント・デリカットさんでした。